ブライダルチェックのメリット

ブライダルチェックを行う意味とは?

結婚した時の楽しみと言えば、彼との二人きりの生活やいずれ生まれてくる子供ではないでしょうか。
将来を誓い合った2人が一緒になり、幸せな暮らしをし、のちには愛する人の子供を授かりたいという想いを持つことは自然なことです。
結婚する前には、「ブライダルチェック」なるものを受け、女性は自分の体に何か異常がないかどうかの検査を実施することをおススメします。
どうしてかというと、検査を行うことで将来子供を授かる上で何か障害になるような疾患があるかどうかを早期に発見でき、また治療する手筈を整えることが可能だからです。
ブライダルチェックというと子供が出来るかどうかの品質のチェックをされているみたいと思う人もいるかもしれませんが実はそうではなくこのチェックを受けることで、自分もですが、パートナーとなる旦那様にも安心を与えることができます。
これが、「ブライダルチェック」を受ける際の一番のメリットではないかと考えます。

結婚すれば簡単に赤ちゃんが出来ると思っている人もいるかもしれませんが、自分の想像とは別になかなか子供が授からない女性も中にはいるのです。
子供はまだまだ先と思って後回しにした結果、本当に子供を作ろうとしたときに実はなかなか子供が出来にくい体だったということが分かることも大いにあります。だからこそ、結婚する前にきちんとチェックをしておくことで、これからどうすべきなのかキチンと判断することも出来るのです。
もし、出来にくい体であったとしても早めに分かっていれば色んな対処の仕方が出来ます。
ぜひ自分のためにブライダルチェックをして下さいね。

今では、婦人科検診も一昔前に比べメジャーとなっているので、女性の方であれば自分で定期的に検診を受け、自分の体のことについて知っている方も多いかもしれません。
また、ブライダルチェックをする際は、自分が行った検診と検査内容が重なっている時もありますので、その部分を把握して行うことも、費用を抑えると言った意味で知識として必要になってくるかと思います。
一般的には、性病検査や子宮疾患の有無などを重点的に診て貰います。

ブライダルチェックによって病気の早期発見及び治療を

H2商品名は●●成分がたっぷり

結婚を控えている女性はブライダルチェックを受ける事によって妊娠及び出産に関する自身の体質や病気の早期発見及び治療に繋げる事が出来ます。
ブライダルチェックの主な内容は五種類に大別する事が出来ます。

一つは問診です。
初潮年齢、月経の周期及び最終月経開始日と日数、妊娠や出産又は流産や中絶の経験有無、自身及び近親者や配偶者のアレルギーや持病等について医療関係者の問いに答えていきます。

一つは内診です。

子宮口や子宮及び膣、卵巣等の異常有無を確認します。
性感染症やおりものの検査も行われます。

一つは超音波検査による検査です。
子宮頸がんや子宮がん、子宮内膜症や子宮筋腫等のチェックです。

一つは血液検査です。
風疹抗体や貧血、感染症等の有無を知る為に行います。

一つは尿検査です。
膀胱炎や糖尿等の検査を行います。

ちなみにブライダルチェックの検査内容は医療機関によって異なる為、費用(検査料金)もさまざまです。
費用に関しては数万円レベルを目安とする場合が一般的です。
費用に関してはこちらのページも参考に
→ブライダルチェックの費用

ブライダルチェックのデメリット

ブライダルチェックを行う上でのデメリットとしては女性側に結婚する前の負担をかけてしまうと言う点です。
男性側も結婚前に出来れば身体検査を行えればとても良いかもしれませんが、やはり今主流なのは女性が受診することに重点が置かれているように感じます。
ですので、将来旦那様になる男性のサポートも、女性がブライダルチェックを受ける上で大切なことではないかと考えます。

その他のデメリットとしては特に挙げられることがありません。
あえて言うならば
ブライダルチェックは自費診療になる為、費用が割りとかかってしまう点です。

また、女性も男性もですが
結婚前に片方だけが性病に感染していたりすると浮気がバレてしまったということもあるようです。

このようなデメリットもありますが
素敵な結婚生活を2人で過ごし、その先に愛する我が子に出会える等の
将来幸せになるためにブライダルチェックを受けることをオススメします。



 | トップページ |